×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンゴープリンとはどんなプリンなの?

マンゴープリントとは完熟マンゴーの果肉の潰したものをゼラチン、生クリーム、砂糖と混ぜ、冷やして固めた洋生菓子の一種で、最近人気急上昇しているプリンですね。マンゴープリンの作り方は、従来のプリンの作り方のように、蒸す方法や材料に卵を使うわけでもなく、ゼラチンで固める作り方がほとんどです。市販のマンゴープリンの多くは乳製品の風味を加味した不透明なフルーツゼリーです。
マンゴープリンはもともと香港のものがマンゴーの果肉がたっぷりでおいしいと1990年代に日本人観光客に賞賛されたものですが、日本でもマンゴープリンが香港のものとは違った風味の薄いものが製造販売されるようになったのです。マンゴーという果物自身が日本で人気が高まるのは2005年頃からで、多くの食品会社がマンゴー果肉入りのマンゴープリンをはじめ色々なマンゴー製品を製造販売するようになりました。日本ではマンゴーが太陽の卵といわれるほど非常に高価なため、日本で香港マンゴープリンのような果肉たっぷりの風味あるマンゴープリンを作るなら、高い価格になると思いますが、本物志向の強い消費者には受け入れられるのではないでしょうか。

マンゴープリンの作り方あれこれ

マンゴープリン作り方のコツは甘酸っぱいマンゴーと生クリーム、バニラアイスのコクマッチさせることです。マンゴーも国産もの、輸入物と各種ありますが、国産マンゴーで本物マンゴープリンを作りたいなら、高いですが、太陽の卵といわれる宮崎完熟マンゴーを使いたいですね。マンゴープリンの作り方 行ってみましょう!※材料 ゼラチン10グラム、冷水50グラム、レモン汁5グラム、マンゴー500グラム、砂糖50グラム、牛乳150cc、バニラアイス120グラム、生クリーム60cc。
※マンゴープリン作り方・・※ゼラチンを冷水で溶かす。※マンゴー果肉を350グラム切り取り、牛乳と一緒にミキサーにかけ、マンゴーの残りは角状に細きりにしてレモン汁をかける。※ミキサーにかけたマンゴーと牛乳に砂糖を加えて火をかけ、しばらくして火を止め、溶かしたゼラチンを加える。※さらに生クリームとバニラアイスを加えてよく混ぜ合わせ、広めの容器に入れ、細きりにしたマンゴー角をまいて冷蔵庫で冷やす。※できがったマンゴープリンを好みの小容器に移し替え盛り付けをします。マンゴーのあざやかなオレンジ色を保つにはレモン汁をかけておくと変色しにくいですよ。

宮崎完熟マンゴーでこだわりのマンゴープリンを!

こだわりのマンゴープリンを作るなら宮崎完熟マンゴーを使ってみませんか?宮崎完熟マンゴーはアップルマンゴーとも呼ばれて、日本で栽培されているマンゴーの中でも一番人気の種類なんですね。東国原知事が宮崎完熟マンゴーを全国に紹介して、一躍人気になりました。宮崎完熟マンゴーはマンゴーに編みネットをかけて、完熟マンゴーになって自然に落ちたものだけを収穫するので、風味・味ともに最高級といわれます。
宮崎完熟マンゴーの中でも「太陽のたまご」という称号を与えられているのは、重さ350グラム以上、糖度が15度以上のものです。完熟マンゴーは他の果物に比べ栄養価も高く、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、カルシウム、ミネラルリン、鉄などが豊富に含まれており、ベータカロチンの含有量は桃の実の約122倍、ビタミンEはぶどうの約18倍含まれているといわれます。宮崎完熟マンゴーは甘い香りが強く、果汁がたっぷりなのでそのまま食べてもおいしさ抜群ですが、この宮崎完熟マンゴーを使って、マンゴープリンを作ると他のマンゴープリンにない風味・味が楽しめますよ。特製完熟マンゴープリンを作ってみませんか?

Copyright © 2014 マンゴー プリン 作り方 宮崎完熟マンゴー